サトイモとショウガを収穫

2017年11月4日(土)晴れ。

我が家のレイズドベッド菜園では、サトイモとショウガの収穫祭が盛大に行われました(笑)

どちらも予想以上の出来で、なかなかの豊作でしたよ。

 

僕にとって栽培初挑戦のサトイモ。今年は雨が多かったこともあり、枯れることもなく、すくすくと育ってくれました。土を落として、お馴染みの模様が浮かび上がってきた時はマジ感動でした。

 

こちらも土を落としまして、ピンク色がチャームポイントの瑞々しいショウガに大変身。茎の切り口からはショウガの良い香りがプンプン。まあその香りが、カメムシの、あの臭いに少しだけ似ているという話もありますが・・・しっかりとショウガの香りでした(笑)

 

収穫前の状態です。上から見たら、サトイモとショウガの葉っぱで、ぎゅうぎゅう詰めのように見えますが・・・

 

横の方から見ると意外にスッキリしています。

 

こちらの写真では、サトイモの根元に注目してみてください。いわゆる親イモと呼ばれるものです。春に植えた時から、かなり大きくなりました。

 

子どもたちの手より大きい親イモ。来年まで保存して、試しに植えてみるかな?うまくいけば、またサトイモができるようです。

ちなみに子どもたちは、初めてのサトイモ&ショウガ堀りに夢中でした。

 

さて、今度はショウガです。この写真のショウガが、今回収穫した中で、一番の大物でした。

 

ショウガをポキッって折らないように、周りの土を除けていきます。

 

掘り上げてみると、見事なショウガでした。ずっしりとした重みが印象的でした。

 

はい、あらためまして、今回の戦利品です(笑)

 

そして、サトイモとショウガを育てていた場所に、このホームたまねぎを植えることに。

なんと、2カ月くらい前に買っていたのをすっかり忘れていまして(笑)・・・急遽、植えることにしたのです。

既に芽が出ているのもあって・・・ちょっと遅かったかも・・・?

 

とりあえず、放っておいても仕方ないので、写真のように植えました。

うまく芽が出ますように。

ちなみに今植えると、収穫は来年の春です。

本格的な冬が来る前に、頑張って成長してくれよ、たまねぎ~!

 

COMMENT ON FACEBOOK